若い頃、本当にがむしゃらに働いてたなと思う・・・

若い頃、本当にがむしゃらに働いてたなと思う・・・

高校卒業後、看護学校に行きながら水商売とウェイトレス。

時効ですが、二日酔いで学校に行く毎日

19歳で、お金の管理と女の子の管理をするチーママ(笑)

月収40万超え

結婚して派遣で勤めた工場では、バリバリ残業で正社員よりも正社員ぽいと言われ、辞めるまで派遣とは思われず本社からの出向だと思われていた。

月収30万超え

この二つの経験は、今の私には、かなり大きな影響だったなと思う。

水商売は、お店全体を見て、お客様の状態、女の子の状態、テーブル、グラス、お店の外の足音まで気にしてた。

これで、人を俯瞰で見る訓練ができ、自分本位では人はお金を払ってくれないのだと学んだ。

派遣は、必要とされなければ、あっという間に首を切られる。

逆に、必要とされれば、どんどん時給は上がり、仕事も任される。

「必要とされる人になる」ということを学ぶ

じゃあ、なんで、こんなに働いていたのか???

働くの好き~~~~~~~ってことに尽きる

もちろん、お金も好き~~~~~~~


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る